会員団体合計1,287
団体(企業1,056、行政100
民間団体131
2022412日時点
> > GPNセミナー「統合報告書/ESGレポートの制作ポイントの解説 ―サステナビリティ情報の質を高める―」(11/9オンライン)

GPNセミナー「統合報告書/ESGレポートの制作ポイントの解説 ―サステナビリティ情報の質を高める―」(11/9オンライン)

GPNイベント2022-09-13

グリーン購入ネットワーク(GPN)は、11月9日(水)15時より「統合報告書/ESGレポートの制作ポイントの解説 ―サステナビリティ情報の質を高める―」と題して、セミナーを開催致します。
本企画は、一般社団法人サステナビリティ情報審査協会(J-SUS)より後援をいただいております。


■開催概要
日時:2022年11月9日(水)15:00~17:00
方法:Zoomウェビナー
主催:グリーン購入ネットワーク(GPN)
後援:一般社団法人サステナビリティ情報審査協会(J-SUS)
定員:200名 (先着順)
参加費:無料


■開催主旨
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による責任投資原則(PRI)への署名以降、ESG投資が急速に拡大し、それに伴い企業による非財務情報の開示が進んでいます。
情報開示においては、GRI(Global Reporting Initiative)、IIRC(International Integrated Reporting Council:国際統合報告評議会)、SASB (Sustainability Accounting Standards Board:米国サステナビリティ会計基準審議会)等の国際的な基準・枠組みがあり、その重要性は日に日に増しています。
今回のセミナーでは、情報開示の観点より、企業によるサステナビリティの取り組み、企業価値を伝える手段・方法となる報告書・レポートに焦点をあて、どのような情報を掲載し、作成を進めるか、制作ポイントについて株式会社クレアンより解説いただきます。また、情報開示と「手段」と合わせて、サステナビリティ情報の質を担保するための「審査」について、一般社団法人サステナビリティ情報審査協会の会員企業より紹介いただきます。
加えて、経済産業省よりサステナビリティ情報開示をめぐる国際動向について情報提供いただきます。
是非、ご参加ください。


■プログラム
〇投資家に対するサステナビリティ情報開示 ~担当・実務者向け制作のポイント~
講師:株式会社クレアン ゼネラルマネジャー 兼 サステナビリティ・コンサルティンググループ グループマネジャー 冨田 洋史氏

○サステナビリティ情報の信頼性担保 ―質を高める―
講師:調整中

○質疑応答

○サステナビリティ情報開示をめぐる国際動向(仮)
講師:経済産業省

■参加申込
本セミナーに参加をご希望の方は「こちら」よりお申込みください。

※申込画面にアクセスできない方は、GPN事務局まで「件名:GPNセミナー(11/26)参加申込」、「本文:団体名・部署名・氏名・連絡先」をご連絡ください。送付先はgpn☆gpn.jp(☆を@に変換)になります。
※当日の参加方法(Zoom URL)、講演資料のご案内は11月8日(火)午後に申請内容に基づき、メールにてご連絡します。

■お問い合わせ
グリーン購入ネットワーク(GPN)事務局 担当:竹内・深津


エコ商品ねっと 会員専用ページ お問い合わせ

GPN地域ネットワーク