会員団体合計1,314
団体(企業1,084、行政106
民間団体124
2020616日時点
> > 第21回グリーン購入大賞 審査結果発表~SDGsの目標達成に向けて持続可能な調達の先進的事例を表彰~

第21回グリーン購入大賞 審査結果発表~SDGsの目標達成に向けて持続可能な調達の先進的事例を表彰~

グリーン購入大賞2020-11-25

GPNは、「持続可能な調達」を通じて、グリーン市場の拡大に貢献した取り組みやSDGsの目標達成に寄与する取り組みを表彰する「第21回グリーン購入大賞」の受賞団体を以下のとおり決定いたしました。

≫ 詳細:プレスリリース「第21回グリーン購入大賞」審査結果発表


■第21回グリーン購入大賞 審査結果
◇大賞・環境大臣賞
法政大学 川久保俊研究室(行政・民間団体部門)

◇大賞・経済産業大臣賞
昭和電工株式会社(プラスチック資源循環特別部門)

◇大賞・農林水産大臣賞
株式会社クラダシ(中小企業部門)

◇大賞
株式会社東急ホテルズ 川崎キングスカイフロント東急REIホテル(大企業部門)
小川珈琲株式会社(中小企業部門)
横浜市(行政・民間団体部門)
日本コカ・コーラ株式会社(プラスチック資源循環特別部門)

◇優秀賞
大東建託株式会社(大企業部門)
デジタルグリッド株式会社(大企業部門)
有限会社生活アートクラブ(中小企業部門)
町田市(行政・民間団体部門)
宇陀化成工業株式会社(プラスチック資源循環特別部門)
FYS株式会社(プラスチック資源循環特別部門)

◇グリーン購入推進自治体特別賞(GPNが選定)
新潟市
大阪市

■応募部門
大企業部門、中小企業部門、行政・民間団体部門、プラスチック資源循環特別部門

■審査方法・審査結果について
5月13日~7月31日に募集を行い、全国より応募のあった取り組みについて、1次審査(8月27日)、本審査(9月29日)を経て受賞団体を選定いたしました。
グリーン購入大賞「大賞」は大企業部門:株式会社東急ホテルズ 川崎キングスカイフロント東急REIホテル、中小企業部門:小川珈琲株式会社、株式会社クラダシ、行政・民間団体部門:法政大学 川久保俊 研究室、横浜市、プラスチック資源循環特別部門:昭和電工株式会社、日本コカ・コーラ株式会社の7団体、「優秀賞」は大企業部門:大東建託株式会社、デジタルグリッド株式会社、中小企業部門:有限会社生活アートクラブ、行政・民間団体部門:町田市、プラスチック資源循環特別部門:宇陀化成工業株式会社、 FYS株式会社の6団体に決定いたしました。
「環境大臣賞」は法政大学 川久保俊研究室、「経済産業大臣賞」は昭和電工株式会社、「農林水産大臣賞」は株式会社クラダシへの授与が決まりました。

■グリーン購入推進自治体特別賞(GPN選定)
第18回(2017年度)のグリーン購入大賞より、グリーン購入に関して、優れた取り組みを行っている地方公共団体を表彰するために「グリーン購入推進自治体特別賞」を設けました。
「グリーン購入推進自治体特別賞」は、環境省が運営する「グリーン購入取組事例データベース」の掲載情報(調達方針の有無、組織的に取り組む分野数、調達実績)を基にGPNが独自に評価し、全国1,788団体の中から最上位の団体(満点を獲得した団体、かつ過去に受賞歴のない団体)を表彰するものになります。
第21回では、新潟市(新潟県)、大阪市(大阪府)に決定いたしました。

■審査総評:審査委員長 梅田靖GPN会長(東京大学大学院教授)
SDGsが採択され、パリ協定が発効されてから5年。昨年は海洋プラスチックごみ問題や廃プラスチックの輸出規制など、プラスチックの資源循環問題が大きくクローズアップされ、私たちの消費と企業のものづくりのあり方が問い直されるきっかけとなりました。異常気象や水産資源の減少、違法労働等、さまざまな課題に直面する中、私たちはそれらを解決しようとするベストプラクティスから学び、知見を水平展開していく必要があります。
今年度のグリーン購入大賞では、SDGsの目標達成に寄与する消費と生産の取り組みに加え、社会的重要性が高まっている課題であるプラスチック問題の解決に寄与する取り組みを表彰するために「プラスチック資源循環特別部門」を設置しました。

プラスチック資源循環特別部門では、これまでの慣例を打破し、再生資源の調達やリサイクル製品の生産と普及など、パートナーシップで取り組んだ応募が多くありました。また、行政・民間団体部門や大企業、中小企業部門では、グリーン購入や持続可能性に配慮した調達をしやすくする「仕組み」の構築と「教育」がキーワードだったのではないでしょうか。
今年度の受賞事例から得られるエッセンスにより、次なる優秀事例が生み出されることを願っています。

■本審査委員(敬称略)
委員長:
梅田 靖(東京大学大学院工学系研究科人工物工学研究センター 教授、GPN会長)

委員:
伊坪 徳宏(東京都市大学 環境学部 教授、GPN代表理事)
奥 真美(東京都立大学 都市環境学部 都市政策科学科 教授、GPNアドバイザー)
石川 雅紀(神戸大学 名誉教授、GPNアドバイザー)
蟹江 憲史(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 教授、GPNアドバイザー)
西村 治彦(環境省 大臣官房環境経済課長)
若月 一泰(経済産業省 産業技術環境局環境政策課長)
久保 牧衣子(農林水産省 大臣官房政策課環境政策室長)
長谷川 雅巳(日本経済団体連合会 環境エネルギー本部長)
伊藤 剛寛(読売新聞東京本社 編集委員)
渡辺 暖(毎日新聞社 科学環境部 部長)
田中 太郎(日経BP 日経ESG編集長)


■表彰式について
2020年12月11日(金)10:00~11:30
会場:JPタワー ホール&カンファレンス ホール1
(〒100-7004 東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 4階)

※表彰式は、受賞団体、メディア関係者のみで開催いたします。
※当日の取材をご希望される場合は、GPN事務局(担当:竹内)までご連絡ください。

■グリーン購入大賞
グリーン購入大賞は、環境に配慮した製品やサービスを環境負荷低減に努める事業者から優先的に購入する「グリーン購入」の普及・拡大に取り組む団体を表彰する制度として、1998年に創設しました。
第19回(2018年度)より、SDGs(持続可能な開発目標)の目標の1つに位置付けられた目標12「持続可能な消費と生産のパターンを確保する」を踏まえ、グリーン購入から持続可能な調達に審査、表彰する領域を広げ、従来のグリーン市場の拡大に貢献した取り組みに加えて、持続可能な調達(消費と生産)を通じてSDGsの目標達成に寄与する取り組みについても募集、審査を行いました。
また、第21回では社会的課題であるプラスチック問題の解決に寄与する取り組みに着目し、「プラスチック資源循環特別部門」を設けました。

■主催:グリーン購入ネットワーク(GPN)
■後援:環境省、経済産業省、農林水産省、日本経済団体連合会、読売新聞社、毎日新聞社、日刊工業新聞社、日経BP、東洋経済新報社、株式会社共同通信社、環境新聞社


問い合わせ先:
グリーン購入ネットワーク(GPN)事務局 担当:竹内・深津
TEL 03-5829-6912 FAX 03-5829-6918 E-mail:gpn☆gpn.jp(☆を半角@に変える)

エコ商品ねっと 会員専用ページ お問い合わせ

GPN地域ネットワーク