会員団体合計1,287
団体(企業1,056、行政100
民間団体131
2022412日時点
> > ウェビナー「なぜ、日本の2030年CO2削減目標は60%以上でなければならないのか Climate Action Tracker ”日本の1.5℃ベンチマーク”執筆者に聞く」(6/4)【グリーンピース・ジャパン】

ウェビナー「なぜ、日本の2030年CO2削減目標は60%以上でなければならないのか Climate Action Tracker ”日本の1.5℃ベンチマーク”執筆者に聞く」(6/4)【グリーンピース・ジャパン】

会員イベント2022-05-25

待ったなしの気候危機。
気候危機の主な原因であるCO2排出量を、2030年までに世界全体で約半減させる必要があります。
では、日本はどれくらい減らす必要があるのでしょうか。

国際環境シンクタンクのクライメート・アクション・トラッカー(CAT)は、報告書で「日本は2013年比で2030年に62%の削減が必要」としています。

本ウェビナーでは、その報告書で日本についての分析を担当した NewClimate Institute 主任研究員の倉持壮さんをお招きして「なぜ、日本の2030年CO2削減目標は60%以上でなければならないのか」をお話しいただきます。ぜひ、ご参加ください。

詳細≫ なぜ、日本の2030年CO2削減目標は60%以上でなければならないのか Climate Action Tracker ”日本の1.5℃ベンチマーク”執筆者に聞く


1:日時:2022年6月4日 17:00-18:30
2.場所:ウェビナー
3.主催:国際環境NGO グリーンピース・ジャパン

4.内容:「なぜ、日本の2030年CO2削減目標は60%以上でなければならないのか Climate Action Tracker ”日本の1.5℃ベンチマーク”執筆者に聞く」
NewClimate Institute 主任研究員の倉持壮氏講演
■申し込みは【こちら

5.その他:参加費  無料 参加対象:市民、行政職員、議員

6.問合せ先:energy.jp☆greenpeace.org(☆を半角@に変える)

エコ商品ねっと 会員専用ページ お問い合わせ

GPN地域ネットワーク